微生物 身近にあるものを使用して環境になるべく負担をかけず 財布に優しく なおさら作る人も 食べる人も蘇生化の方向に向けた農業をする。

しばらく前 EM農法が、話題に登ったことがあるが、今現在どうなんだろう?
元種を購入しなければならない事 また活性化しないとうまくいかないなど 使ったことはある人はかなりいると思うが、継続している人はどれくらいいるんでしょうか?(使用してみた内の一人ではあるんですが)

以下に記する事柄は、継続の意思さえ続くのであれば 誰でも実行可能かつどこにでもあるものを利用して継続可能と思われる。(若干の購入費は、負担が伴いますが)

なぜこのような農法が、一般に広がらいのか問題と思われる事柄を列挙

  • ある程度経験が必要
  • 購入する人が、内容よりも見た目 中身は何でも良い。(食品添加物 ポストハーベスト農薬 遺伝子組み換え作物 等関心を持って選べない)
  • 農家そのものが、発信力を持っていない。
  • 農家の見方と思っている 農協そのものが手数料稼ぎに成り下がって利益優先 農家の見方より自分の利益 求心力・発信力の低下

微生物 野草雑草食品を利用して有用なものを自分で作る

えひめAIの作り方及び使い方
公開日:2016年5月2日 更新日:2016年5月4日
乳酸菌の採取培養方法色々
公開日:2016年5月1日 更新日:2016年5月17日

ページの先頭へ