えひめAIとは

定義

  • えひめAI-1とは、愛媛県産業技術研究所(旧愛媛県工業技術センター)で開発された【環境浄化微生物】のことです。
  • えひめAI-2とは、えひめAI-1を家庭でも簡単に作れるように改良されたものです。
  • えひめAIとは、納豆、ヨーグルト、イースト、砂糖と水でできる手づくりパワー菌液。

特徴・使用方法・効果

  • すべてが食品で作られており、安全で安心して使えます。
  • 家庭で誰でも簡単に作れる。
  • トイレのニオイ・有機肥料のニオイ消しには、これに勝るものはない
  • えひめAIでしつこい油汚れが落ちる。
  • 化粧水にしてお肌スベスベ、髪の毛も生えた!?
  • 飲んだら食欲が出てきた、便通がよくなった。
  • 最長6カ月、お風呂の水を換えずに入り続けた。 水道代半減
  • スギやヒノキ、マツやオオバコのエキスをえひめAIで抽出 酵素の力でこんな効果も… 植物がグーッと大きくなるオリジナルえひめAI
  • 500~1000倍に薄めて、水やりに利用すると、 成長もよく、 色よい花が咲くそうです。  
  • 薔薇の切り花に 1000分の1程度添加すると、鮮度が3日ほど延びた。
  • 低農薬の米作りをされた方より、お米が甘くなったとのお話。
  • 植物の成長にも効果を発揮します!
  • 川や海、配管がきれいに
  • 生ゴミに噴霧して消臭や発酵促進剤に利用します。
  • ナス・ピーマン・瓜・唐辛子・キュウリ・スイカ・とうもろこしの使用方法:苗のときに、どぶ漬けで1/1.000~1/2.000の希釈水に4時間~5時間漬ける。 追肥は、1/2.000の希釈水で、1週間に1回程度散布する。
  • 家畜糞尿に散布することにより消臭や発酵が促進します。発酵期間が短縮され、発酵温度も高くなり、ハエなどの発生抑制効果があります。

えひめAI-2製造方法 2つの方法

材料を混合してから34℃で保温しながら1周間で完成
1日で出来る簡単培養方法 24時間で出来るので、すぐに確認 使用できる。

えひめAIの作り方

20リットルのポリタンクで作る場合

  • 入れ物:20リットルのポリタンク
  • お湯 42℃:18リットル
  • 白砂糖:1000g
  • ドライイースト:20g
  • ヨーグルト:1000g
  • 納豆:40粒
材料
納豆 ヨーグルト ドライイースト
納豆 ヨーグルト ドライイースト

えひめAI24時間で出来る簡単な作り方

2リットルのペットボトルで作る場合

  • 入れ物:2リットルのペットボトル
  • お湯 42℃:1リットル
  • 白砂糖:60g
  • ドライイースト:20g
  • ヨーグルト:100g
  • 納豆:0.1粒
白砂糖
白砂糖
まずは白砂糖  三温糖 黒糖 廃糖蜜等色々あるが、白砂糖のほうが色がつかなくて家庭用には、白砂糖で十分らしい。
ドライイースト
ドライイースト
スーパーで売っている、3gとかの少量より ネットで500g入りを購入して台所用スケールで計量 容器が 1・5リットルのペットボトルなので材料の値とちょっと違うが、結構アバウトに計量
ヨーグルト
ヨーグルト
ヨーグルト市販品なんでも良いらしい。
農業用に使用するので、植物乳酸菌で豆乳を作ってえひめAIを作れば、同じ植物性なので相性がいいかもとか考えている。
納豆
納豆
一粒の中のネバネバだけを、茶こしでろ過して入れれば、良いそうですが、面倒なので一粒をそのまま投入
上記を混合
納豆 ドライイースト ヨーグルト 白砂糖を混合
あらかじめ砂糖とイーストを撹拌しておき そこにヨーグルトと納豆1粒を入れて よくかき混ぜて ロートなどでボトルに入れる
付着したものは お湯などで溶きながら入れると全部入る。
えひめAIを仕込んだペットボトル
えひめAIを仕込んだペットボトル
投入後の様子
あくまでも容器の半分くらいに そうしないと吹きこぼれる。
混合直後から 反応が始まる。
保温出来る容器に入れて24時間後に完成
保温用の箱
保温できる容器に入れて24時間で、完成
周りにあるペットボトルは、冷めないようにお湯を入れて温度が少しでも保てるように入れてある。
舐めてみて酸っぱければ完成
失敗とかしても畑等には、使える。

ページの先頭へ