政治・経済

政治・経済

「グレート・リセット」に対抗する!!「グローバリゼーションの出口」、「デジタル専制政治」と 「グローバル・ガバナンス 」を拒否する。

連投です。このままでは我々一般庶民が自由に行動できる時は、もうそう多く残されていないのかもしれない。
「グレートリセット」に対抗する。「グローバリゼーションの終了」、「デジタル専制政治」および「グローバルガバナンス」の拒否_グローバルリサーチ、2022年5月3日より要約
ほぼ丸写しは、ここにアップしました。

グレートリセットは、資本主義の終焉を意味する。

「資本はもはや労働力の搾取だけでは収益を維持することはできない。このことは、以前から明らかであった。余剰価値が不足する前に、抽出できる余剰価値は限られているのだ。
グレートリセットは、まさに資本主義の終焉を意味する。それを推進する人々は、経済社会システムが「ニューノーマル」、つまりもはや「資本主義」とは似ても似つかないものにリセットされなければならないことを理解している。コリン・トドハンター
グレート・リセットとは、人間を支配し、操作し、奴隷にし、飢えさせ、最終的にはデジタル化して、大虐政の下でトランスヒューマンにするための多面的な世界とグローバリストのアプローチである。
私たちは、グローバリゼーションから抜け出さなければならない。

この世界的詐欺への服従をさらに一歩進めて、グレート・リセットに向かおうとするグローバリストの試みに抵抗しなければならない。
「10年後、私たちがここに座っているとき、脳にインプラントが埋め込まれ、私はすぐに(皆さんが感じていることを)感じられると想像できますか?皆さんの脳波を再測定して、皆さんの答えに対してある人がどのように(感情的に)反応するかをすぐに知ることができるのです。想像できるでしょうか?

すべてが計画されている事、長い間しかし完全に決められた手によって計画されてきた事、そして偶然に見えることはすべて偶然ではなく、つながっている事

すべては偶然ではなく、つながっている事を理解しない限り、それは計画されているからであり、何十年も、おそらく一世紀以上も計画されてきたのだ、我々は何も理解していないのである。
私達は、ブラックロック、バンガード、ステートストリート、フィデリティなどの最強の金融エリート、モンスターマネー企業に売られ支配されているだけでなく、完全に彼らの奴隷になっているのです。

MONOPOLY – 世界は誰のもの?(日本語字幕)


国連システム、中央銀行、西側金融システムは、彼らのために機能しています。彼らは、私達や私達の生活をより良く管理し、強制するために、電子化された貨幣を求めており、私達がそれを許せば、彼らはそれを手に入れるでしょう。

世界経済フォーラムの「若き世界指導者」たち

エマニュエル・マクロン(フランス)、アンゲラ・メルケルの後継者オラフ・ショルツ(ドイツ)、カール・ネハンマー(オーストリア)、マーク・ルッテ(オランダ)といった西側諸国の政府の舵取りをしているこれらの操り人形は、私たちが理解しなければならないのは、このようなことです。マグダレナ・アンデルソン(スウェーデン)、メッテ・フレデリクセン(デンマーク)、マリオ・ドラギ(イタリア)、ペドロ・サンチェス(スペイン)、スコット・モリソン(オーストラリア)、ジャシンダ・アルダーン(ニュージーランド)、ジャスティン・トルドー(カナダ)、アルベルト・フェルナンデス(アルゼンチン)、ガブリエル・ボリック(チリ)。ガブリエル・ボリッチ(チリ)、安倍晋三(日本)-その他多数-は、皆さんが信じているように、民衆によって民主的に選ばれたわけではありません。

世界経済フォーラムの若き指導者たち


彼らは全員、クラウスシュワブの「若き世界指導者」アカデミーの学生または「学者」です。彼らは強力な経済的利益によって任命された手入れの行き届いた政治家です。
我々の政治家、いわゆる民主的に選ばれた「リーダー」は、我々の税金で給料をもらい、我々の(西洋)世界の劇場を動かしているが、自発的に、あるいは何らかの方法で、彼らの押し付けた脚本に従うように強制されています。
彼らはすべてクラウスシュワブによって事前に選択され、強力な経済的利益のために行動し、選挙を装って彼らの立場に置かれました。
今日のコンピューターによる選挙詐欺は非常に高度で完璧であるため、私たち一般市民はそれを理解することができず、ましてやうまく戦うこともできません。元アメリカ大統領でさえも。
ドナルド・トランプ 直近では、フランスのマリーヌ・ル・ペンも?

グローバリストのアジェンダとその制度。「IMF」「WTO」「世界銀行」「WHO」

国際通貨基金(IMF)のトップ クリスタリナ・ゲオルギエヴァ 世界銀行のデビッド・マルパス 世界貿易センター(WTO)のンゴジ・オコンジョ・イウェアラ博士 そして最後に WHO(世界保健機関)のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス博士 彼らは皆 グローバリストのアジェンダ、国連「アジェンダ2030」に妥協しているのだ。
テドロス博士は、WHOのすぐ隣のジュネーブに本部を置くGAVI(ワクチン同盟)の前代表で、GAVIを創設したビル・ゲイツによって任命されました。
ご存じない方のために説明すると、WHOは1948年にロックフェラーによって創設され、その後、国連システムに統合された。
WHOは、いわゆる国連機関の中でも、予算の大半(約3分の2から4分の3)を「民間」からの拠出、すなわち製薬会社のトラストファンドから得ている点でもユニークな組織である。

1948年、WHOが発足したとき、WHO加盟194カ国の憲法を覆すかもしれないいわゆる「パンデミック条約」によって、この組織が将来世界の健康の独裁者になることがすでに計画されていた。

パンデミック条約は、各国の健康主権を無力化し、世界的な健康専制政治をもたらすだろう。
我々はまだそこに到達していないが、2023年までに世界保健総会での承認を経て、2024年までにこの条約を発効させるために、加盟国の代表や保健相による準備的な議論や交渉が進行中である。
パンデミック条約は、私たち人類に繰り広げられるハンガーゲームと密接に関係していることを忘れてはいけません。
私たちに降りかかる抑圧や悲惨な行為は、すべてつながっていることを常に忘れないでください。
クラウス・シュワブの若き世界指導者学校で、彼らは独裁と専制政治を学びました。大勢の人々の反対や抗議にもかかわらず、彼らは今や自由にそれを実行しています。
彼らは、巨大な力、世界の(金融)超大国、国連とそのすべての専門機関、そしてすべての国連加盟国を支配する大国の支援を受けていることを知っています。
私たち西側諸国の憲法は、ほとんどの人が知らされていない緊急事態法や、静かに、あるいは密かに可決された政令によって、静かに無効化、停止されています。
ほとんどの西側諸国は、すでに専制政治の前段階にあり、着実に社会の首を締め付け、そうでなければ憲法上の権利であったものをどんどん奪い、私たち国民は政府の抑圧に対して無力なままになっています。
世界的な保健機関、すなわちWHOの意のままに動かず。2024年に発効予定の新しいパンデミック条約(現在交渉中)のもと、世界的な閉鎖、マスク着用、社会的隔離、在宅勤務、強制的なワクチン接種などを宣言することができ、国の法律を無効にすることができるのです。
ウクライナ戦争が、完全な専制政治を準備するために舞台裏で何が起こっているのかから人々の関心を壊滅的にそらす中、カナダのジャスティン・トルドー、クラウス・シュワブの「奇才」は、実施に向けて静かに取り組んでいると言われている。
(デジタルIDシステム、ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)、連邦Vaxx義務化、資産差し押さえ法、社会信用システム、生体認証アクセスシステム(QRコードなどによる人間の生体データの収集と記録)、そしてもちろん、(vii)極度の検閲、です。
言い換えれば、ロックフェラーの創造物であるWHOが、生と死を決定する日が近いということだ。

ヘンリー・キッシンジャーの有名な言葉を借りれば、「食料供給を支配するものは人々を支配し、エネルギーを支配するものは大陸全体を支配し、金を支配するものは世界を支配できる」、そして「健康を支配するものは生と死を決定する」のである。

  • 燃料価格の引き上げが計画されています。
  • インフレ率の上昇が計画されています。
  • 食糧不足、飢饉、飢餓による死が計画されています。
  • 戦争と全滅する紛争が計画されています。
  • 大規模な破産とその結果としての惨めさが計画されています。
  • より多くのプランデミック、ロックダウン、マスク屈辱が計画されています。
  • サプライチェーンの混乱が計画されています。
  • すべての不足が計画されています。
  • 重要な産業の生産の中断と停止が計画されています。
  • さらに多くのことが計画されており、接続されています。

社会を混乱させ、人口を減らし、不快感や悲惨さを引き起こすすべてのこと、そしてもちろん、恐怖を引き起こし、身体的および心理的抵抗を減らすものすべてに注意してください。

しかし、恐れることはありません–そして私たちは克服しなければなりません!

グレート・リセットに対抗する有効な選択肢は、世界中の人々が一斉にグローバリゼーション、世界政府というグローバルな概念、グローバルで中央集権的な経済・社会から脱却することである。
次のようなコンセプトを採用することです。
私たちは国際的な食料貿易にできるだけ依存しないようにしなければなりません。
地産地消、地場通貨、地場銀行、地場中央銀行、二国間・多国間貿易、比較優位性、可能な限り「Win-Win」な結果というコンセプトを採用することが解決策になるかもしれない。
計画の一部である大規模な飢饉と飢餓を回避するために、自給自足と食糧生産に焦点を当てる必要があります。偶然の一致はありませんので、常に注意してください。
飢饉–服従–従順–恐れ–そして人口減少。それらはすべて接続されています。

【LIVE】5/5配信!毎週木曜日21:00~参政党YouTubeチャンネル生配信!

スペシャルゲスト「鈴木宣弘東京大学大学院教授」
農業の裏話・官僚の裏話 必見です。

日本株式会社法人番号

日本株式会社内閣府法人番号


上記画像・判断はご自由に!!

読者への注意:globalresearch

読者への注意:上または下の共有ボタンをクリックしてください。Instagram、Twitter、Facebookでフォローしてください。グローバルリサーチの記事を自由に再投稿して共有してください。
Peter Koenig は地政学アナリストであり、世界銀行と世界保健機関(WHO)の元シニアエコノミストであり、世界中の水と環境に30年以上携わってきました。彼はアメリカ、ヨーロッパ、南アメリカの大学で講義をしています。彼はオンラインジャーナルに定期的に執筆しており、 Implosion – War、Environmental Destruction、CorporateGreedに関する経済的スリラーの著者です。シンシア・ マッキニーの著書「中国が眠るとき: コロナウイルスの封鎖から世界的な政治経済危機まで」( Clarity Press – 2020年11月1日)の共著者。
彼はグローバル化研究センター(CRG)のリサーチアソシエイトです。彼はまた、北京の人民大学中陽研究所の非居住者シニアフェローでもあります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。