医療・健康

スペイン風邪

ワクチンの真っ黒々な歴史・ワクチンで殺される・医療業界の闇:現代医療が、病気を治すと思っているあなたへ!!

無料PCR検査を受けないでください。

今、全世界ワクチンを打てと必死になって騒いでいるが、殆どのワクチンは病気が収まってから接種が始まっている。
しかも、ワクチンによっての被害のほうが大きいと言う副作用のほうが大きいという事を、誰も報道しないからほとんどの人はメディアを信じ政府を信じてかえって有害なマスクをしてワクチン摂取を進んで受けるという間違った洗脳にほとんどの人が陥っている。
医療、農業、食品産業など石油製品と共にケミカル産業が広まり始めてほぼ100年
昔は、ガンなんて病気は無かったのに今は、二人に一人はガンという時代
そこには強力に推進している大きな力が存在するのですが!?

COVIT-19は存在しません!ワクチン接種をやめましょう! https://rumble.com/vlh7ng-36075004.html

covid-19の不都合な真実

  • ウィルスそのものが、未だ存在証明されていない
  • PCR検査自体が、そもそも詐欺
  • マスクの網目がウィルスの300倍(スカスカの状態全く無意味)
  • マスクそのものがバイキンを増殖(1時間に一回は交換しないと逆効果)
  • 酸素不足により脳及び体に悪影響
  • 最大の問題は、ワクチンそのものが動物試験は100%死亡しているにも関わらず、直接人体実験治験中

今まで騒がれていた「インフルエンザは何処に行ったのでしょうね!?(本当はインフルエンザワクチンがインフルエンザを広めていたのですが!)

 
<>

スペイン風邪の真実

スペイン風邪とは
スペイン風邪は、今からおよそ100年前(1918年2月~1920年4月)に流行したインフルエンザです。
当時は、アスピリンの製造特許が切れた時期(1917年)と重なりました。
そして、海軍と陸軍とで、処方され始めた日(海軍:9月26日/陸軍:10月5日)を境に、死亡者が急増したのです。
主な死亡原因は、肺水腫や重症肺炎でした。
アスピリンには、解熱や免疫を抑制する作用があります。
そのため、細菌の増殖を抑えきれずに、免疫が暴走し症状を悪化させることになります。
 
では、スペイン風邪は、どこから来たのでしょう?
その発端が、1917年10月~11月に、ロックフェラー医学研究所の主導で行われた臨床実験にあります。(詳細は、ワクチンの真実 秀和システム刊)
当時、米国カンザス州フォートライリーで、軍の志願兵4,792名を対象に髄膜炎菌ワクチンの人体実験が行われました。
このワクチンは、髄膜炎にかかった人の体液から採取した細菌を加熱して不活化したものです。
ワクチン接種後に、咳や下痢、発熱、頭痛などの症状が出ていたとされています。
 
実は、これだけではなく、1918年2月4日~4月15日に、ニューヨーク・ロングアイランドにあったキャンプアプトンでも、同様の人体実験が行われていました。
この時は、志願兵12,519名を対象にワクチン接種が行われました。
その結果、40日の間に、6,131名が入院したとされています。 こうして、肺炎や髄膜炎にかかった兵士たちが、ヨーロッパ大陸の戦場へと駆り出されていくことになります。
そして、戦場という劣悪な環境の中で、感染を拡大させることになりました。
そこに、アスピリンが処方されたため、多くの犠牲を出すことになったのです。
これが、スペイン風邪の真相です。
 
引用:スペイン風邪の真実 | 免疫とワクチンを知る

1920年の土陽新聞と高知新聞の記事
米【WWD】1918年10月23号
「スペイン風邪対策にセーフティファーストベールを」

画像はここから拝借

左の書籍にちょうどよいスペイン風邪の流行の原因及び医療業界の闇が記述してあるので、一部引用 
厚生労働省は、大量にワクチンを予約購入しているので在庫がなくなるまでは絶対にやめない(本当は押し付けられているのだが。) 
まあ、利権確保と天下り先確保に余念がなくて、国民の命なんてのは二の次なのだとは思うのだが!!
「予防接種がガンを広める」

二千万人の死者を出したスペイン風邪は、今世紀初頭に大流行した。
この二千万人という数字は、第一次世界大戦の戦死者の二倍に匹敵する。
公式には、スペイン風邪の原因は不明とされているが、被害者と生存者には特有のパターンが見られる。
被害者は、強制的に予防接種を受けた人々であり、その結果、軍事病院のベッドは戦争の負傷者ではなく、ワクチンの被害者で埋まってしまった。
 
その反面、生存者の持つ特有のパターンは、賢くも予防接種を拒否した事にある。
そして、この殺人的な流感の大流行の原因が、予防接種自体であった事を隠すため、当時の医学界は「スペイン風邪」などという訳の分からない病名を付けてごまかしていた。
しかし、大流行の原因が「予防」接種そのものであったのは、史実として認めざるを得ない。
 
アフリカで聖者と呼ばれたアルバート・シュヴァイツァー博士は、サルに噛まれて運びこまれてきた患者は、療養所に入ることを許されず、ジャングルで死なせた。
これは一見、冷酷なように見えるが、博士は、サル特有のウィルスが人間の血流に入ると大変な事になることを、良く知っていた。
このウィルスに感染した人間は断固、隔離しなければならない。
 
1950年代の後半、小児マヒの世界的流行に伴い何千匹ものサルが米国に輸入され、各地に輸送されていった。
長い針で小児マヒのウィルスがサルの腎臓に注入され、当然ながらサルは発病し、非常に苦しみ出した。
その苦しみが最高潮に達した時点でサルは殺され、腎臓が摘出された。
その膿が分離・培養された後、受精卵に注入され、数日後、めでたく小児マヒのワクチンが完成した。
確かにワクチン中、小児マヒのウィルスは死んでいるのだが、シュヴァイツァー博士が、最も恐れていたサル特有のウィルスが、サルの腎臓からワクチンに紛れ込んでいた。
この恐るべき新ウィルスは、今日レトロウィルスと呼ばれ、これが混入していることを知っていた人間がいないわけではなかったが、沈黙は守られた。
かくして製造されたワクチンが多くの子供達の静脈に直接注射されていった。
その間、政府、製薬会社、マスコミはこのワクチンを画期的発明であるとして誉めそやしたが、宣伝の騒音に隠れて、子供たちの受難が始まった。
 
高熱状態、幻聴、幻覚、恐怖感、絶望感、憂鬱、体力減退、思考力減退、精神異常など
やっとワクチンの異常に気付いた無責任な医学界は、責任を回避するために、蒸留水の「まやかしワクチン」を汚染ワクチンの代わりとして注射し続け、騒ぎの収まるのを待った。
 
人体に侵入したサルのウィルスの特異点は、レトロウィルス、つまりRNAウィルスであり、環境に適応して次々と変異する。
さらには宿主の健康状態に応じて、何十年でも潜伏を続ける。
本来は、人間の血流には存在しないものであったのに、医学の進歩とやらの賜物で、突如何百万、何千万もの人間に注射された。
すぐには発病しなくともレトロウィルスは何十年でも潜伏を続けるため、人は皆、体内に時限爆弾を抱えているも同然になる。
さらに、家畜にも急速に感染がひろまりつつあり、レア・ステーキや牛乳なども格好の感染源であるが、特定の業界の利益を守るため、医学界はこの単純な事実さえ公開しようともしない。
 
強制予防接種が行われた地域では、小児マヒ発生率が、他の地域に比較して、七倍という爆発的な増加を示した。
1988年のワシントン・ポスト紙の報道では、1979年以降の小児マヒは、全て小児マヒワクチン自体が、引き起こしたもので、自然タイプのものは、1979年以降、一件も発生していない。
さらに「米国の小児マヒは、ワクチンによるものである。」とのことである。
 
このように、小児マヒの予防接種が、世界的に開始された時点において、小児マヒはすでに消滅しかけていたが、ワクチンの接種が世界的に開始された時、ワクチンの接種は世界各地で小児マヒを復活させた。
ワクチンとは究極的に膿であり、流感、はしか、おたふく風邪、小児マヒなどの「予防」接種によって子供が成人になってからのガン、エイズの下地が作られていった。
 
インドでは2011年に小児麻痺がワクチン接種によって消滅したと宣言された。
ところがその裏では、50万件もの弛緩性麻痺が発生し、これは小児麻痺ワクチン摂取が行われるのと比例している。
弛緩性麻痺は、小児麻痺などよりも遥かに危険で、遥かに致死率が高い。
地域によってはワクチン接種のおかげで、かつては存在しなかった弛緩性麻痺が35倍も増大している。
 
ワクチン接種の危険性は古くから知られていた。
普仏戦争時、多くのプロシア兵が強制的に種痘接種を受けた後、天然痘を発病し、フランスと戦うことなく死亡していった。
通説では、ジェンナーが発明した牛痘接種のお陰で、十八世紀の人類は天然痘から救われたとされている。
しかし当時、天然痘はすでに消滅しかけており、ジェンナーの発明がなければ十八世紀末には、自然消滅したであろう。
種痘接種によって、イギリスでは天然痘の大流行が、発生し多くの死者が出ている。
接種が大々的に実践された年に限って流行が激しくなることにやっと気付いたイギリスは、最終的に種痘接種を禁止せざるを得なかった。
 
ワクチンの弊害には、さらに重大な局面がある。
牛痘ワクチンの強制接種が始まる以前、ガンは非常に稀な病気であったがこの摂取がガンを増大させた。
「昔の医学は原始的で、ガンなどは診断できず、見落とされていた」というのが決まり文句であるが、今日の医者は単純な寄生虫症すら満足に診断できず、誤診を続けて、肺吸虫症患者を結核療養所に何年も送り込んだりする。
あるアメリカの研究者は、一切ガンのない数多くの患者の診断をしたが、これらの人々に共通する点は、ワクチン接種を一切受けた事がない点であった。
さらにワクチン接種と脳障害の密接な関係も確認されている。
 
予防接種自体に疑惑を抱く良心的な医学者は多いが、医学界の圧力によって沈黙を余儀なくされている。
ワクチンが心臓に残留すると、将来の心臓病の原因になる恐れがある。
こうして、成人の突然死の増大にもかかわらず、医学界が真剣に関心を払わないため、何でも「自然死」だの、「心不全」とされる。
これは笑えない事実であるが、米国など全盛を極める政治的暗殺の犠牲者は、いつでも「心不全」が原因である。
つまり、ピストルで撃たれようが、毒殺されようが、ビルの窓から突き落とさようが「自殺」しようが、医者が診たときには心臓に「不全」が発生しているのであるから、公式の記録は「心不全」となる。
 
予防接種が心臓に与える取り返しのつかないダメージが重大であるにもかかわらず、良心的な医師の書いた論文は、無視・抹殺されており、通常の医学書のなかに、そのことを見出すのは、困難である。
 
ワクチンの長期的影響として、残留物が臓器に残ると、通常は健康でも、特定の条件が揃うと一気に死に至る。
つまりワクチン接種を受けた人は、気の長い死刑宣告を受けたようなもので、時限爆弾を抱えて生き、この爆弾は条件次第で数年後、あるいは数十年後に爆発する。
その場合、昨日までは至極健康であった人が、ゴルフ場などの除草剤で触発され心臓麻痺で急死することとなる。
当然、所見は心臓病であり、日本では過労死などととされる。
 
日本の強制接種の歴史は明治五年にさかのぼるが、明治二十五年には、十七万人に種痘が発生し、三万人近い死者を出している。
ワクチン接種と脳障害には密接な関係があり、さらにワクチン接種を受けた人にガン発生率が、非常に高く、接種が行われない地域の住民は、ガンにかからない。
しかし、この情報は新聞の記事にはならず、テレビなどでは一切報道されない。 いかなる予防接種、ワクチン接種など何でも受けたことのない人は、ガンにならないのである。
「予防」接種は、根本的に人体の免疫を否定し、接種を受けた人間の免疫システムは決定的にダメージを受ける。
 
予防接種は予防になるどころか、感染症の危険を高める。
あるいはそれに類似した感染症が爆発的に増大する。
その理由は、接種を受けた人の免疫システムが決定的なダメージを受けるからである。
一度接種を受けておけば、一生安全という気休めは、プラシーボ効果であり信仰の世界の話であろう。
真の自然療法は気休めなどではない。
真の自然療法は人体が自然に持っている免疫力を高めるものである。
 
日本では2012年に日本脳炎ワクチンの摂取を受けた子供が1週間後に死亡したり、あるいは5分後に心肺停止となり死亡している。
日本脳炎の定期接種は重い神経症状があるので、それに変わる新ワクチンが登場したが、それでも危険性は軽減されていない。
それにも関わらず摂取が勧奨される理由は、生産コストがかかっているからで、なんとしてでも元を足らなくてはならないからである。
昨年もピブワクチンと肺炎球菌のワクチン接種が一時中止となったが、わずか1ヶ月で再開された。
別に安全性が確認されたわけではないが、製薬会社の利潤が絡んでいる以上、ワクチンを無駄にしてはならないという発想である。
 
子宮頸がんの予防という口実のヒト・パピロマ・ウィルス「HPV」ワクチンは中学1年生から高校1年の女子を対象に、国や自治体から費用が捻出されているが、実は米国でも死亡事件が発生している。
ちなみにこのワクチンの真の目的は、女性の不妊を高め、人口の増大を防ぐことである。

画像は、スペイン風邪当時の日本と世界・今と同じ状況だった

ヘンリー・キッシンジャー

ジャック・アタリ

(また最近過去に重大な副作用があるのにも関わらず「子宮頸がんワクチン」を推進するなんて報道があるから、政府がどっちを向いて推進しているかはおわかりであろう)

 

「HEALTH IMPACT NEWS」ワクチンが病気を排除したという歴史的証拠の正直な見方より引用

1900年代初頭には百日咳で多くの人が亡くなりましたが、ワクチンが導入されるまでに米国の死亡率は90%以上低下していたことがわかります。 また、20世紀初頭のイギリスのデータでは、ワクチンの効果のなさがより顕著に表れています。ここでは、1950年代に三種混合ワクチンが全国的に使用される前に、死亡率が98%以上減少していることがわかります。 イギリスでの百日咳による死亡を見ると、ワクチン接種前の死亡は99%以上減少していました。

はしかの場合、死亡率はほぼ100%低下しました。 データを分析すると、よく言われる「ワクチンが感染症死亡数の減少のカギを握っている」というのは誤りであることがわかる。ワクチン接種の前に死亡者数は大幅に減少していた。猩紅熱(しょうこうねつ)やその他の感染症では、ワクチン接種が普及しなくても死亡数はゼロに近いところまで減少していた。

スザンヌ・ハンフリーズ:マイク・アダムスによるインタビュー 2011-02-03「字幕大王」

「医者のストライキで死者は激減する」

医者がストライキを起こしたケースが、外国にいくつかあるが、このような場合、国民の死亡率は激減している。 
同様に、治療を全く受けないガン患者の方が、治療を受ける患者よりも何倍も長生きする事が、判明している。 数十年間にわたる多くのガン患者の追跡調査の結果を見ても、手術・放射線・抗ガン剤による治療を受けた患者より、治療を受けなかった人の方が、生きしている。 
 
ハンス・リューシュは、乳がんについて治療を拒否する女性の方が数倍長生きしていると言う。 
つまり、検査や外科手術を受けてもメリットがないばかりか、高い代償を払って死期を早め、自ら苦痛を求める行為と言うことになる。 
 
また、外科手術は死と隣り合わせで、患者を言い難い恐怖に陥れ、各種薬品との激しい痛みによるストレスをもたらし、体の抵抗力を低下させる。 
がんの場合は、ガンの転移をも促進させる。 
これに抗ガン剤や、放射線照射が加われば、免疫は徹底的なダメージを受け、ガン増殖の好条件は揃う。 
免疫というとすぐに白血球やリンパ球の数を連想するがそれは正しくない。 
 
外科手術は患者に大きな苦痛を与える反面、医学界には膨大な利益をもたらしている。 
このような医学界犯罪を追求する良心的研究者の論文をマスコミが報道するわけがない。 
マスコミは医療産業と結託しており、医学界に不利な情報などを、取り上げられることはない。 
逆に、自然療法に関する報道があったとしても、それらはすべてまともな報道からは程遠い。 
 
マスコミは、表面は政府機関や大企業を批判するようなジェスチャーをしても、究極には国民を裏切るものである。 

「ガンで潤う医学界」

20世紀以来ガンは一大ビジネスとなっており、今日、実に多くの医学関係者が癌によって生計を立てている。 
医学産業にとって、ガンの画期的治療法などは永久に発見されず、一人でも多くの人が癌になるのが望ましく、いつでもがん治療がハイコストであるの事が望ましい。 
よって真のがん治療は無視され、そのような治療法を行うものが現れると、迫害され、医師の場合は、あろうことか免許を取り消される。 
(最悪、自殺とか事故死とかで殺される) 
大きな公立病院においても、如何にして売上を伸ばすかが最大の課題であり、売上とは、究極には病気の蔓延であり、病人の増大である。 
売上を伸ばすには、一人でも多くの病人が増え、入院した患者の回復が少しでも遅れたほうが好都合となる。 
ましてや国民の健康意識の向上などは言語道断であり断固阻止しなければならない。 
病根を消滅させてはならず、絶えず病気の種を撒いて売上の向上を図らなければならない。 
しかし、見かけ上は国民の健康に尽くしているようなジェスチャーを続けないと、真相がしれてしまう。 
   
民主国家の政府が、国民を陥れることなどありえない、と考えるのは個人の自由である。 
しかし「あり得ない」と考えるのと「そうあって欲しくない」と考えるのは全く別のことであり「そうあって欲しくない」ので声高に「あり得ない」と主張するケースが多い。 
医学産業が繁栄を恒久的に享受するためには、研究を続けるジェスチャーをしつつも、実質的な成果を上げてしまっては自らの首を絞めることになる。 
よって、実績を上げることなく、現状維持を図る必要がある。 
ガンが永久的に永久的に不治の病であり、一人でも多くのがん患者が出来るのが医療産業にとって望ましければ、高価な治療が全く効かず、逆に、放射線や抗癌剤自体に強力な発がん性があるのも偶然ではない。 
 
「ガンは治って当たり前」より 
笹川英資著 

平成25年2月15日 初刷発行

ワクチンの成分:ワクチンには、危険物質が満載

  • 牛胎児血清・・・妊娠中の牛の屠殺前の胎児から採取されたもの。
  • チメロサール(水銀)・・・神経毒。細胞障害を誘発し、酸化還元活性を低下させ、細胞変性、細胞死を引き起こす。神経疾患、アルツハイマー病、認知症、自閉症との関連が指摘されている。
  • ベタプロピオラクトン – 毒性のある化学物質で発がん性があり、少量の暴露でも死や後遺症を引き起こす可能性がある。腐食性のある化学物質。
  • 水酸化アルミニウム、リン酸アルミニウム、アルミニウム塩・・・神経毒。長期的な脳の炎症・腫れ、神経障害、自己免疫疾患、アルツハイマー病、認知症、自閉症などのリスクを伴う。脳に浸透し、いつまでも持続します。
  • ヒト二倍体線維芽細胞 – 堕胎した胎児の細胞。外来のDNAは、自分のDNAと相互作用する能力を持っています。
  • ホルムアルデヒド/ホルマリン – 非常に毒性の高い全身毒と発癌性物質です。
  • ポリソルベート80&20・・・血液脳関門を通過し、アルミニウム、チメロサール、ウイルスを持ち運び、脳への侵入を可能にする。メスのネズミで不妊症、オスのネズミで睾丸の萎縮をひきおこすことが分かっている物質。
  • 豚や牛のゼラチン。アナフィラキシー反応を起こすことがわかっており、3種混合ワクチン(はしか、おたふく風邪、風疹)、水疱瘡と帯状疱疹のワクチンに大量に入っている。
  • グルタミン酸ナトリウム(MSG)。吸引タイプのインフルエンザ・ワクチンに入っている。代謝異常(糖尿病)、発作、その他の神経障害をひきおこすことが分かっている。
  • スクワレン(免疫補助剤)。不妊化作用が疑われ、男性は精子異常。女性は流産の危険性が増すことが分かっている。これとほとんど同じ成分が、ほ乳動物の不妊ワクチンの主成分となっている。
  • ステルス・ウィルス(未知の癌ウィルス)。これらは動物細胞に感染したその動物のウィルスで、これが人間に感染すると発ガン作用が疑われている。
  • DNAやRNAの断片(感染したマイコプラズマや細菌由来のもの)。これらは動物細胞に感染したマイコプラズマや細菌由来のDNAやRNAの断片。これが人間の細胞内でどのように振る舞うかは全くの未知。
  • ヒト胚性肺細胞培養物(堕胎した胎児から採取したもの
  • プラス今回のは、酸化グラフェン・水酸化グラフェンなど未知数の物質が多数

 

ワクチンの副作用

  • ワクチンを接種した子供のぜんそく罹患率は120%増
  • ワクチンを接種した男児のADHD罹患率は317%増
  • ワクチンを接種した男児の神経疾患罹患率は185%増
  • ワクチンを接種した男児の自閉症罹患率は146%増
  • 発熱や倦怠感・蕁麻疹・最悪は死亡

これが、この世に、アレルギー患者、喘息患者、花粉症患者、精神病患者、自閉症患者、発達障害者が溢れかえった直接の理由である。
子供のうちからバカみたいにワクチンを摂取知るのは即刻やめるべきである。
病院は、入院と検査で莫大な利益を得、製薬会社はワクチンで何十億ドル(何千億円)も儲けている。また製薬会社は、ワクチンにより発生した副作用と生涯残る病気の治療薬で、何百億ドル(何兆円)も儲けている。
ワクチンは、医療ビジネスの大黒柱として我々を利用し続けている。ワクチンが無くなれば、社会全体が健康になる。

小さいうちからワクチン打たれて、小学校卒業するまで、>母子手帳に30個、ハンコがある?

予防接種スケジュール

自閉症とか、ADHDとか、多動性障害とか、色々な病名をつけられて、精神薬飲まされているんです!子供たちが!!

小児科医 Dr.ポール・トーマスが発表した研究
”ワクチン接種児と非接種児の比較”
グラフのオレンジ線はワクチン接種児、青線はワクチン非接種児
縦軸は病院にかかった日数 横軸は年齢(日)
10年以上かけて取ったデータの記録です。
この発表の5日後、Dr.トーマスは医師免許を剥奪されます。

ワクチン接種・非接種の比較

https://twitter.com/yuko_candida/status/1340360504624041985?s=20 赤ちゃんに打つ予防接種もそうですが、努力義務・強制ではありません。
どういう事かというと、打たなくていいものだという事です。
母子手帳が渡された打つものだと勘違いされてるお母さんが多くいますが、必要がないです。

ワクチン接種者の血液に一体何が起こっているのか?!ジェーン・ルビー医師が血液でいったい何が起きているのか、顕微鏡下で見たその血液の衝撃的な映像を伝える

ビル・ゲイツがワクチンは私たちのDNAを永久に書き換えることを認めている!

報道されないワクチンの真実(日本語字幕)Dr, Carrie Madej

Dr, Carrie Madej
ワクチンは、生きたままの赤ちゃんから抽出するものでありこれは 殺人です。
そして、がん細胞としてワクチンにされている。

コロナのワクチンの危険性

コロナワクチンの危険性について注意喚起! ワクチンの有効性は何一つ実証されておりません。
それどころか、薬害が怒った場合でも、ワクチンメーカーが責任を負わない事になっています。
一度でも、打たれたら取り返し出来ない事態に陥るかもしれません。

医療の成り立ち~ワクチンの成分—Dr.クリスティーン・ノースラップ by SGTレポート

この動画は、寄生虫の件がはっきり明るみに出る前のインタビューだったので、寄生虫に関してはカバーされていませんが、「医療の成り立ち~ワクチンの成分の一部」のお話が、コンパクトにまとまっています。

ワクチンで殺される

カスタマーレビューをそのまま転載

前回のパンデミックの処方薬で苦んだので理解し共感! 
2021年9月22日に日本でレビュー済み 
Amazonで購入 
 
私も前回のパンデミックの処方薬で苦んでいる立場の人間として、理解し共感いたしました。 
臨床試験が行われていないまま、人体に影響が可能性があるものを投与するのは非常に危険だ! 
と言う著者の意見に共感しました。 
私自身、前回のパンデミックでの新型インフルエンザを人よりも早くかかり、急いで処方された薬を飲んで苦しんで苦しみぬいた一人として、この本を読んだ素直な感想をレビューの途中や最後に書いています。 
ここで、世界のずさんな対策を思い出して欲しい。  
私が申し上げているのは、2009年新型インフルエンザの世界的流行!(H1N1/09パンデミック)は、2009年1月頃から2010年3月頃にかけ約1年とちょっと大流行した話です。 
 
当時の日本といえば、2009年4月に政府がパンデミックの対策を取り始め、その年の夏には、現在アメリカのメジャーリーグで大谷翔平と共に活躍している菊池雄星投手(当時3年生)を擁する花巻東(岩手)が夏の甲子園で話題になりました。 
この年あたりから”パンデミック”と言う聞き慣れない言葉が、一般的に定着したと思います。 
2009年、私がかかった新型インフルエンザの治療には、タミフルやリレンザが処方され私も第一の患者として、当時いやいや飲んだが体に倦怠感がなかなかとれず、かなり長い間肉体的にも精神的に苦しかったです。 
それから私は処方薬の副作用がつづき、その2年後の2011年にとうとう私は、5年生存率が極めて低いがんを発症いたしました。 
 
※オセルタミビル(タミフル)とザナミビル(リレンザ)は、当初の使用の理由である入院や合併症を減少させるという十分な証拠はなく、成人では発症時間を7日から6.3日に減少させ、小児では効果は不明であり、5%に嘔吐・悪心の副作用が生じ、精神医学的な副作用を1%増加させるとし、世界的な備蓄が必要なほどの恩恵があるかどうかの見直しの必要性を報告した。このH1N1インフルエンザの流行中に実施された臨床試験は0に近いため、オセルタミビルとザナミビルがどれほど有効かは不明である。(Wikipediaより抜粋)  
私は、前回のパンデミックの処方薬を一番最初に服用して、体に異変が起き苦んで苦しみました。 
だから、今回のコロナワクチンについてしっかりとした臨床試験を行わずになかば強制的に行っていることについて、非常に疑問に感じています。 
臨床試験を行はずにワクチンを摂取するとどんな悲惨なことになってしまう可能性があるのか? 
現在、常備薬を服用しついる人々の安全性についてもまったく知らされていない状況です。 
前回のパンデミック中の症例は未だに未発表のままです。私のよいに苦しむことがないように、是非、本書を全ての人に一読して欲しい。 
この本のAmazon紹介欄で省略されている『もくじ』を私なりに分かりやすいように記載させていただきました。 
 
【プロローグ】 
     〜人類は、完全に気が狂った····〜 
 
コロナも。 PCRも。 ワクチンもペテンだ 
命を賭けた医師たちの訴えを聞け! /新型コロナは人工ウイルス /コロナは15年以上前から計画されていた /バスに轢かれて死んでも”コロナ死とは /PCR検査も空前絶後の詐欺だった/打ったら後戻りできない。やるか? 死ぬか? 
 
【第1章 】 
  〜「二年以内に死ぬ!」声を上げる医師たち〜 
 
命をかけた告発が人類の未来を救う 
「わが人生、存分に生きた。 恐れるものはない」 /SARSウイルス+HIVウイルス で合体か?/ワクチンが強コロナ変異株を出現させた! /ワクチンを打つほど 染爆発の悲喜劇 / 「子どもはワクチンで死ぬ確率50倍!』(イードン博士) コロ ナに関する「物語」はすべて「嘘」/「ワクチンで人類が大量死する!」(ポッシュ博 士) /無害なウイルスを”大量破壊兵器に変える / 「実験動物はすべて死んだ」 (リー・メリット博士) /「子どもにコロナワクチンは危険」(ロバート・マローン博士) 
「スパイクたんぱく。は危険な「毒素』だ」 (ブライドル博士) / 「子どもに打て ば犯罪です」(スチャリット・バクディ博士) / 「ほとんどの人が数年以内に心不全で死 ぬ」(チャールズ・ホフ博士) 3/六二%にトゲが刺さった微細血栓を発見 / 「コロナ は詐欺だ!」世界医師連盟一二万人の告発 /医師たちの反乱は世界中でまき起こってい /人類モルモット計画に反対の嵐がまき起こる 
 
【第2章】 
〜注射は人類全員モルモットの“人体実験”だ〜 
 
動物実験で、ネコ、サル、 ネズミは”全滅した 
ワクチンは人体実験なので、食塩水注射もある/ 「劇薬」に殺到する滑稽さ/ ロッ ト番号は四種類、一つが生理食塩水だ! /ナノチップ”と”ゲル”で接種者を監視? 乃/丸々二年も、恐怖のワクチン地獄〟が続く /子宮六四倍、脾臓一二二倍、肝臓 一二六倍蓄積 /若者に被害多発は、免疫の”暴走”による 80/ 「感染予防効果は、 明らかになっていません」 (ファイザー社) /”有効率を三〇〇倍もでっちあげた巨 大犯罪 /”陽性””死者” はPCR検査のでっちあげ /死者数はでっちあげ、PC R検査はペテン /米CDC、ワクチン効果 ねつ造”の数々 /動物実験スッ飛ばし 人類“実験”の恐怖 /それは人体実験ではない、人口削減なのだ! /ワクチンの正体は人類芽者の大量物薄兵器だ /ロックフェラー財団は一〇年前からパンデミック 計画/これが全人類『モルモット計画』の全容だ! / 安全か? “猛毒”か? ファイザーも判らない「コロナウイルス存在証明はない、公式に認める  
【第三章】 
〜ショック死。血栓、脳出血流産。 
         自殺、顔面マヒ・・・ 〜 
 
これは。未来の「動」の薄まりにすぎない 
なかったことにされるワクチン被害他/アメリカのワクチン犠牲者。実は100万 人?/直後に襲うアナフィラキシーショック/二十五歳は、いきなり車から飛び下りた/「うでが痛い」と言いつつ、翌日突然死 / 「死因は100%ワクチンと無関係」 (検査医)/元気だったのに二回目接種後「敗血症」で急死/脳卒中の死亡リスクは120倍に激増/ワクチンは5ステップで襲いかかる /流産率82%。 妊娠初期に異常に増加 /(すべての女性を不妊にする! 即時中止せよ」(イードン博士) / 「生物兵器だ!」「不拓攻撃だ!」二人の女性研究者 / 「生理不順に・・・」訴える女性が続出/その時代のすべての女性を不妊にする 
 
【第4章】 
〜子どもに打つのは悪魔と鬼畜の所業だ!〜 
 
急死、後遺症、「打たなければよかった」 
注射後、12歳の少女は車いす生活に /mRNAワクチンは子どもたちに最悪の毒物 /「10代接種を中止せよ!」(シンガポール医師団) /河野大臣はディープステート の繰り人形 /公文書を改ざんする奴らを信用するな! 
 
【第5章】 
〜アメリカ、二億人超死亡!日本人は2300万人死ぬ! 2025年の”悪夢” (ディーガル報告)〜 
 
攻撃は始まった! 人口は急激に減っていく/ 
WHO、ファイザー…後ろで悪魔 が笑ってる /ファイザーの歴史は裁判と犯罪の山 / われわれは間違えた! スバ イクたんぱくは毒素だ /正体はスパイクたんぱく による生物兵器 /脳を侵す 狂牛病 ブリオン 悪夢も再来 /接種後スパイクは、隣の人に吐息で感染! / 接種者は、殺人兵器“ゾンビになる /近未来SFホラー映画が、現実になる・・・・/ファイザーも 「接種者が病気まき散らす」 と認める / 「接種者の息、汗でも感染す る」(ファイザー社) /どこでも誰でも空気感染。 という新たな恐怖 /大企業は越えてはいけない一線を越えた 
 
【第6章】 
〜チップ、ゲル、酸化グラフェン…人類家畜化〜 
 
磁石が付く 5G連動、何でもあり! 極秘成分 
電磁波が出る、5Gに共鳴…貴重な体験リポート/ 
731部隊と同じ生体実験”、 やり放題だ/ワクチン 生体実験”の”マルタは全人類だ! /ワクチン利権に 利用されたジェンナーの悲劇 /めざめろ! ワクチン神話は完璧なサギだ /”闇” の勢力が仕掛ける焦りの“最終攻撃” /コロナワクチンには多くの未知物質”が潜む /新たな有毒成分 “酸化グラフェン”が急浮上! /酸化グラフェン、六つの有害性 /世界初の5G実験都市”武漢” で発生した理由 /ワクチン注射を打つと炎症 嵐が襲う/地球規模の”人体実験”であり”殺人計画”だ 
 
【第7章】 
〜デルタ株”の嘘、PCR中止、「陰謀」は終わる..〜 
 
“闇”と”光”の闘いに、 めざめた市民たちは勝利する 
*デルタ株”爆増の元凶は、ワクチン強制接種だ /”デルタ株”の正体、ワクチンが変異種をつくった/ワクチン接種者が増えるほど”感染者”も増える /南ア、英国など・・・変異種ワクチンが”大量生産地”/ワクチンを打つほど増える”デルク株 \ “闇”勢力が中国,武漢でコロナウイルスを作らせた /ファウチこそ生物兵器コロナの全 てを知る男/新型コロナウイルスはSARSを使って製造? /ファウチは武漢研究 所に資金を提供していた! /パンデミック仕掛け人, ついに進退きわまる / スクープ映像,15000匹コウモリの衝撃 /”ワクチン・パスポート”で一気に”家畜”社会へ/全世界で「ワクチン反射!」 怒りのデモ大発生 /「逆らう者は殺す」 悪魔たちは次々に口封じ/テレビは見てはいけない。新聞は取ってはいけない / 「ぜったい打たない!」断固拒否が世界で急増中 /プロ野球選手が急死,芸能人も息も 絶え絶え /PCR全廃をCDC公表,二日前にゲイツ新会社買収 
 
【エピローグ】 
〜打ってしまったひとも、あきらめない〜 
 
決め手は、免疫力と排毒力だ! 和食、断食。 日光浴・・・・・・ 
ばかばかしい現実を乗り越え。みんなで生き抜こう! /和食,断食 日光浴・・・免疫力と排毒力を高めよう/”感謝の波動”が永遠の生命力をあたえてくれる 
 
【まとめ】 
 
私も前回のパンデミックの処方薬で苦んでいる立場の人間としてこの本を読ませていただき、こうしてレビューさせていただきました。 
この本を読んでの素直な感想は、中程にも記載いたしましたが、この本の全部を理解し共感出来たわけではございません。 
しかし、この本を読んだお陰で、下記のことを私なりに、強く思うようになりました。 
前回の世界的に大流行した『H1N1インフルエンザ』が流行中に実施された臨床試験は0に近いため、オセルタミビルとザナミビルがどれほど有効かは、現在もなお不明とされています。 
今回のワクチンの臨床試験はどうですか? 
本当に安全だと誰がいいきりますか? 
いったい誰が大流行中のワクチンの臨床試験をいま行なってくれますか? 
そして、いったい誰が私のようにガンになったら、もとどうりの体にしてくれますか? 
しつこいようですが、最後にもう一度申し上げます。 
前回のパンデミック中の症例は、世界でも未だに未発表のままです。私のように苦しむことがないように、 
全ての人に一読して欲しい一冊です。 

 
 
目一杯詰め込んでしまって、長くなりました。
最後までお読みいただきありがとうございました。\(^o^)/

おまけ ジオエンジニアリング「ケムトレイル」飛行機雲が綺麗なんて言っている場合では無いのですが!?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。